赤ちゃんの肌はずっとツルツルじゃない

生後3カ月ごろから顔がガサガサしてきました。

その後、おしりや首のぐじゅぐじゅに広がっていきました。

ベビー用の低刺激のいろいろなクリームやオイルを使ってをみたのですが、なかなか改善しませんでした。

中には真っ赤に腫れて余計に症状が酷くなったように見えるものもありました。

とりあえず、その中でも、まだ、まともな状態を保てるクリームを朝とお風呂上がりに塗っていました。

その後、対策で書く通り病院で貰ったクリームで症状は落ち着くのですがり秋になるに連れて、手首、足首が赤くカサカサになるというアトピーのような症状へ移りかわりました。

お尻の乾燥も治りきらず、おしめを脱ぐと、自分でお尻をかいてしまうので、酷いときには出血しています。

目の下も乾燥して赤くカサカサになっています。

赤ちゃんの乾燥肌や肌荒れが酷い時は皮膚科にも相談

いろいろ試しましたが症状がひどい時に効果があったのは、やっぱり病院で出して貰った塗り薬です。

ただの保湿では効果がなく、一番弱いものではありますが、ステロイドを含む塗り薬を出してもらいました。

ステロイドにはすごく抵抗がありましたが、このままでは明らかに改善しないと思われ、また放置して悪化、そのままアトピーやアレルギーへ繋がっていく可能性があるとママ友から聞いたからです。

そうなる前に、今の段階でステロイドを使ってでも、症状を抑え、肌をきれいにしてしまった方が、今後更なる悪化を食い止められるということを教えてもらいました。

処方のされ方は様々でしたが、周りに肌が弱くステロイドを使っているというお友達が意外と多かったことも使用へ踏み切れた要因の一つです。

スキンケアはできるだけ早く実施してあげて

一週間もしないうちに、目に見えてよくなりました。

親だけでなく、ママ友たちにも良くなったねと言われるほどでした。

病院によってはずっと使用して完璧に症状がなくなるまでステロイド入りのクリームを使用することを勧められるようですが。

私が連れて行った病院では症状がある程度落ち着いたら保湿クリームへ切り替えてとの指示だったので、今は症状が酷くならないかぎりステロイドは使っていません。

ただ、肌の弱さは相変わらずなので、とにかく肌にやさしく成分などに刺激となるようなものが入っていない保湿剤を使わなければいけません。

そのため、ちょっと値段は高いのですが、アロベビーというブランドのものを使っています。

この子は夏生まれなのですが、夏生まれの子は生まれて直ぐはいい季節なので保湿を怠ってしまいがちなのですが。

その為に免疫が、なくなったころに乾燥の症状が出てしまうそうで。

今後も保湿には気をつけたいと考えています。

メニュー